FXで負ける人の特徴 ナンピンの功罪 その4


ナンピンについての功罪を解説してきていますが、今回はその最終回です。

前回までの記事をお読みの方は、ナンピンは恐ろしいものだと思われたかも知れません。確かに大損のキッカケにはなりやすいのですが、ナンピン=素人のやることではありません。プロのトレーダーも使う、立派な相場戦術なのです。では、ナンピンで大損をしないためにはどうすれば良いのでしょうか。

これは、とても簡単なことです。

ナンピンでポジションを建てる際には、必ずそのポジションすら損失を出した時に損切りをする注文を入れておくことです。この時に注意したいのは、最初に建てたポジションについても、2回目に建てたナンピン・ポジションと同じところに損切り注文を入れておいてください。相場がさらに思惑と反対の方向に進んで損切りの価格になってしまったら、残念ながら2つとも同時に損失確定です。しかし、それ以上の損失は出ないことも同時に確定します。ナンピン戦術は失敗に終わったことになりますが、それ以上の損失を防ぐことには成功したのです。

一目均衡表やボリンジャーバンドなど、相場が下げ止まるポイントを示唆するチャートはたくさんあります。こうした状況証拠をしっかりと積み上げて、損切りのポイントを探った後でナンピンを入れてくださいね。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。