FXで負ける人の特徴 余剰金をチェックしない その2

前回、証拠金の仕組みについて簡単に解説をした上で、余剰金に余裕を持たせる重要性についてお話をしました。前回は「余剰金の余裕はあればあるだけ良い」という表現にしましたが、それだと漠然としていて分かりにくいですよね。

そこで、今回は余剰金としてキープしておく必要金額について述べたいと思います。

あるポジションを保有しているとしましょう。そのポジションのレバレッジは10倍とします。おおむね10万円あればドル円の1万ドルが売買できる金額です。このポジションが思惑と反対の方向に進んで含み損を出してしまったとします。1円動けば1万円の含み損が出るという単純計算がほぼ成り立つので、仮にそうしておきましょう。含み損が1万円出ているということは、余剰金が1万円減ります。

この調子で、もし10円分の含み損が出てしまったとしたら、10万円です。余剰金もそのまま10万円ほど減っているはずです。もし、ポジションを建てたあとの余剰金が10万円しかないとしたら、許容できるのは10円分までです。仮にポジションを2万ドル分保有しているとしたら、余剰金の許容範囲は半分の5円になります。

ポジションを建てる際に、そのポジションがどこまで損を出しても耐えられるかということを事前に考えておくと、余剰金の規模が判明します。そんなに余剰金がないという場合は、そこまで含み損が拡大する前に損切り注文を入れておけば良いだけの話です。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。