FXで負ける人の特徴 山勘トレード、ドテ勘トレード


相場は未来を予測して、その予測通りに進んだ時に利益が出るようにする戦いです。100%未来を予測できる人間はいないのですから、未来を知る手段として相場分析やテクニカルチャートなどを使います。それとは全く別の次元で、人間は山勘というものがあります。何か動物的な直感で、もしかしたらこうなるのではないかという衝動にかられ、それを根拠にポジションを建てるケースです。

最初に申し上げますが、山勘は決してダメだとは言いません。長年相場と向き合っている人であれば、山勘もだんだん冴えてくるのでそれだけを根拠にトレードをしても当たることは多々あります。

問題は、まだFX歴が短い初心者です。為替相場は何年、何十年とかけて特徴を知ることができるものですが、まだ1年もやっていない人に為替相場のクセや特徴が見えてくるはずはありません。それは山勘とは言わず、ドテ勘と呼ばれる根拠の乏しいトレードです。

仮にそのドテ勘トレードが当たったのは、単なる偶然です。山勘が冴えてくるのは、少なくとも何年もFXをやっている人です。それでも外れることのほうが多いのですから、くれぐれも山勘に頼ったトレードにはご注意ください。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。