FXで負ける人の特徴 負けを認めない


FXで勝つ基本は損小利大です。

前回までに利益が小さいことと、損失が大きいことが最も問題であると指摘しました。この考え方の底にあるのは、FXで勝つことを邪魔する人間の心理です。

人間は本来、自分の間違いや負けを認めるのがとても苦手です。だからこそ向上心が生まれるわけですが、すでに結果出てしまっているものまで負けを認めないのは良くないことです。

FXの場合はなおさらで、すでに相場観が間違っていてポジションに含み損が出ている状態で、まだ「何とかなる」と考えるのは負けを認めない人間心理に他なりません。

それで何とかなるのであれば、世の中にギャンブルで破産する人もいなければ、株やFXの損失で会社のお金に手を付ける人も出てきません。相変わらずこういう事件が後を絶たないのは、負けを認めず「今は一時的にやられているだけで、最終的には勝つ」と信じているからです。

FXのポジションで負けることは、恥ずかしいことでも何でもありません。単に相場観が間違っていたか、ポジションを取るタイミングが悪かったか、予想した時と相場の情勢が変わってしまったかです。それなら間違いをあっさりと認めてさっさと手じまいをしたほうが今後のためです。同じ失敗をせず、次は勝てば良いだけのことです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。