FXで負ける人の特徴 損失が大きい

FXで負ける人の特徴として、前回は利益が小さいことを指摘しました。

今回はその一方で深刻な、損失が大きいという問題について考えてみましょう。理想的なのは損小利大ですが、負ける人のほとんどはその逆をやってしまっているのです。

少しばかり利益が出ている時にさっさと利食いしてしまうのは、本来得られるはずだった利益を減らしてしまうだけなので深刻度はあまり高くありませんが、損失を大きくしてしまうのはとても深刻です。

一番に考えられるのは、損失を確定させるのが嫌で、そのうち相場も回復するという根拠のない願望を持ったままポジションを持ち続け、さらに相場が逆方向に進んでしまって、最後はロスカットというパターンです。もっと傷が浅いうちに見切りをつけていれば少しの損失で済むので、またすぐに次のチャンスを狙うことができます。

しかし、ロスカットが発動されるほどの含み損になってくると、いよいよ損失を確定させるのが怖くなってきます。ここから先は祈りに近い心理状態で逆方向に進む相場を眺めることになります。そして、最後にFX取引会社が強制的にロスカットをするという最悪のパターンとなるのです。

損失をいかに最小限に食い止めるかは、一流と三流の分かれ目です。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。