FXで負ける人の特徴 利食いが小さい


投資の世界には損小利大という言葉があります。損をすることは避けられないので、損失を最小限に食い止めて、勝つときは大きく勝つという考え方です。

これはとても理にかなっていて、実際にFXで利益を上げている人の大半はこれを実践している人たちです。
この「勝つときは大きく勝つ」というのが、とても大切です。

実は、FXで負けている人の大半がこれを出来ていないのです。本当はもっと大きく勝てるはずなのに、少し利益が出ているだけですぐに決済をして利食いをしてしまい、本来入ってくるはずだった利益を逃しているパターンです。

本当にその相場観に自信があるのであれば、当初に設定した利食いポイントまでポジションを持っておけば良いものを、相場が急に反転して含み損になってしまったら大変だとばかりに、まだ小さい利益を確定してしまうわけです。

せっかく利益が出ているのだから、利益が出ているうちに確定させたいという人間心理は十分理解できます。それなら最初から利食いのポイントに注文なんか入れず、相場に張り付いていて少しでも利益が出たらすぐに決済ということを繰り返したほうが確実です。こうした手法はスキャルピングと呼ばれる立派な戦術なので、そのほうが勝てると思います。

利食いに対するきちんとした戦略と相場観がなければ、しっかりと利益を残すことは難しいのです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。