全勝狙い

ポジションを取ったものの、含み損が出てしまった。どうも相場が思惑通りの方向に進まなかったらしい・・・

そんな時に推奨されているのが、損切りです。

しかし、人間は自分の手で損失を確定させるのが大嫌いです。

これはFXで勝ち続けている人にとっても同じで、損失を確定させるのが楽しい人など一人もいません。

そこで初心者が陥りがちなのが、全勝狙いです。

前回、当サイトで塩漬けの危険性を解説しましたが、塩漬けをしてしまうのは全勝狙いという心理が根底にあります。

1回としてマイナスが出るトレードをしたくないので、ついつい含み損が出ているポジションを手じまいせず、いつまでも含み損のまま放置してしまうのです。

特に高金利通貨の買いポジションだとスワップ金利が毎日少しずつ入るので、いつかはこのスワップで損失をカバー出来るだろうと考えてしまうこともあります。

為替差損は仕方ないとして、スワップ収入でカバーして1円でも利益が出たら手仕舞いにしよう、というわけです。つまり、これも全勝狙いというわけです。

思惑通りにいくこともありますが、いかないこともあります。買いポジションの場合は、円高になるスピードがスワップ収入を超えていれば、すぐに証拠金が足りなくなってしまうでしょう。

FXで全勝する必要などありません。大切なのは、トータルで利益を出すことです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。