ブログ、SNSをやっている人は負けやすい?その5

前回に続いて、フェイスブックにFX情報を投稿することで悲劇を体験したAさんの実話です。

他に投稿するネタがなく、投稿の少ないユーザーだったAさんが何気なく投稿した「FXで儲けた話」。

そこに多くの「いいね!」がつき、賞賛のコメントもたくさん入りました。

これに気をよくしたAさんは、その後は積極的にFXの情報をフェイスブックに投稿し続けました。

前回は、ここまでです。


Aさんは毎日のように頻繁にFX情報を投稿するものの、周辺にFXをやっている人はおらず、周りの人たちにとっては特に興味のない話題でした。

しかし、経済に詳しい人だということで「いいね!」がつき、コメント欄には「すごいですね」という主旨のコメントがあふれます。

多くの人に支持されていると勘違いしたAさんは、その後どんどんFX情報の投稿を増やしていきます。

Aさん自身のトレードは勝ったり負けたりですが、だんだん経済通、FX通という自分についたイメージを壊したくないという心理が働き、負けたトレードのことは書かず、勝ったトレードの情報だけを投稿するようになりました。

よく分からない人にとっては、まさに常勝トレーダーの誕生です。

フェイスブック上に誕生した“常勝トレーダー”は、その後どうなっていくのか?


次回は、Aさんの悲劇最終回です。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。