ブログ、SNSをやっている人は負けやすい?その2

ブログやSNSは、ほとんどのサービスが無料です。しかも手軽に始められるので、利用者は全世界で数十億人に上ります。

すでに人類共通のメディアと言っても良いほど普及しているので、FXをやったことがない人にも多くの利用者がいます。

ちょっと耳の痛い話ですが、こうしたソーシャルメディアと呼ばれるメディアには「自分盛り」という言葉があるのをご存知でしょうか。

自分を盛る、つまり自分を良く見せたいという願望をソーシャルメディアで実現しようとする人が実に多いという意味です。

この傾向は特にフェイスブックに見られるものですが、どこかに出かけた時、食事に入ったお店などでフェイスブック投稿用に写真を撮って、それを掲載している人はとても多いと思います。

おいしいお店を見つけたから、友達にも教えてあげようという気持ちから始まった習慣だと思いますが、いつしかそれが自慢話の延長線上にあるような投稿ばかりになり、自分を実体よりも良く見せようとする心理が芽生えます。

これが、自分盛りです。

少々話はそれましたが、この心理がFX投資家に芽生えると、かなり危険なことになります。

実際にはFXで損をしているのに、それとは逆に儲かっているように見せたいと思うばかりに、無理にポジションを取ったり、相場予測を投稿したりしてしまうようになります。

この危険性については、さらに次回に続きます。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。